買取できる?できない?

| コメント(0) | トラックバック(0)
junk.jpg品物によってはそもそも買取をしていない事もあります。
買取できないものの条件を紹介します。売りたい品物がこの条件に引っかかっていないか、確認してみましょう。

・模造品・偽造品、盗品、貸与品(サンプル・制服)、下着・水着、生物、及び弊社取扱基準外商品
・破損・汚損がひどく動かないもの
・改造・分解・修理されたもの
・重要な付属品などが欠品している場合
・パスワードやユーザー登録が解除されていない場合
・動作確認できないもの
・商材ごとに定められた取り扱い基準に満たないもの
・法令により売買および所持が禁じられている商品

大体のサイトでは上の項目の品物は受け付けていません。ご自身で処分しましょう。
意外と忘れがちなのが
・改造・分解・修理されたもの
・パスワードやユーザー登録が解除されていない場合
この2つです。少しの故障なら自分でも直せるかも、と思って直してしまったものや、パスワードなどのユーザー登録が解除されていないものは買取を受け付けてくれません。

ほかにもサイトによりますが、
・宅配便で発送できない大型商品(30キロ以上、3辺の合計が160センチを超えるもの)
・匂いの強いもの(香水・タバコ等)
・低単価・消耗品
・使用(賞味)期限が限られており、半年以内のもの
も受け付けていない場合があります、ご注意下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://site.enterprise.ne.jp/mt-tb.cgi/12

コメントする

このブログ記事について

このページは、adminが2012年10月18日 22:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高く売れるものは?」です。

次のブログ記事は「パソコン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja