はじめての宅配買取の最近のブログ記事

loupe.jpg宅配買取のステップでおおまかな流れはわかったと思います。では実際に無料査定に申し込んでみましょう。
入力する内容はサイトによって多少異なりますが、大体は以下の項目になります。
・ダンボールを希望する際のサイズ指定
・品物の情報
・名前/フリガナ
・メールアドレス
・住所
・電話番号
・性別
・生年月日
・職業
・振込口座
品物の情報は、例えばパソコンの型番などですね。型番はちょっとでも違ってしまいますと査定に時間がかかってしまう恐れがあるので、しっかりと調べて正確に書きましょう。
アドレスや電話番号、住所などを記載する時は、間違いがないかしっかり確認をしましょう。宅配買取では、メールか電話のやり取りが主になりますので、最初の段階で間違えてしまいますとすぐに売りたいのに時間がかかった、という結果を招きかねません。
また、ダンボールを送ってもらうなど住所が必要になる場面で、住所が間違っていると梱包キットが届きません。宅配買取は便利な分、どこかで間違えてしまうと長引いてしまう傾向にあるので十分な注意が必要になります。
口座番号は特に重要です。間違えてしまうと入金までいった際に振り込まれてない、などで振り込まれるのに更に時間がかかってしまう場合があります。こちらは得に注意しましょう。

査定申込みは宅配買取の第一歩なので、念には念を入れて確認をしましょう。
品物の情報がどこに書いてあるかわからない!という場合は品物を買った時の外箱をお持ちでしたらそちらに書いてありますし、大概は品物の裏面に記載されている場合がほとんどですのでそちらを確認してみましょう。
step.jpg では、実際の宅配買取の仕方をステップ順にご紹介します。
今までの記事から、自分に合ったサイトを見つけたかと思いますが、ここではエコファ【eco factory】を参考にしていきましょう。申し込みの流れは大体どのサイトも同じなので、わかりやすいかと思います。
1.売りたい品物の査定を申し込む。
大体のお店では事前の査定は無料となっています。大概は目立つところに査定を申し込むボタンがあるので押して、必要な項目を埋めていき、申し込みましょう。
2.査定結果を確認する
エコファでは、事前の査定金額に満足したら、実際に査定をしてもらう仕組みになっています。他のサイトでは、査定を申し込むとすぐに梱包するキットが届き、実際に査定するところもあります。
3.査定する品物を梱包する
品物を送ります。お店側にダンボールなどを用意してもらえる場合が殆どですが、自分でダンボールを調達すると早く送ることが出来ます。本人と確認できるもののコピー、買取申込用紙、品物を梱包しましょう。
品物は運送中に壊れたりしないよう、緩衝材(プチプチ)、新聞紙などで丁寧に包みましょう。 積めるもののサイズを測って適正なダンボールを選べば、緩衝材を無駄に使う必要も無くなりますし、移動中に破損...なんていう事態も避けられます。
4.発送
梱包し終わったら、品物を発送しましょう。殆どの場合、自宅まで宅配業者が受け取りに来てくれます。日時を指定できるので、突然来るようなことはありません。ご自身の都合のいい時間を申込みの際に選ぶことが出来るので安心です。エコファは当日集荷も受け付けているようなので急ぎの場合は便利そうです。
その他には、コンビニまたは郵便局へ持ち込む、という選択肢もあるようです。品物が重くないものでしたら、選択肢の一つとして入れてみるといいでしょう。
5.最終査定結果の確認後、入金
送ってから数日待つと、お店の方から実際の査定結果がメールで送られてきます。その金額に納得したら承諾の旨を伝え、口座を指定します。お店によって事前に入力する場合もありますので、その場合は承諾だけで大丈夫です。その後また数日待つと入金になります。サイトによっては結果のメールが着たあと数日おいてしまうと自動で承諾という扱いになってしまう可能性がありますので、ご注意下さい。
もし金額に納得できなかった場合、返品という形を取るとサイトによってはキャンセル料として送料を負担する場合があります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちはじめての宅配買取カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお店選びです。

次のカテゴリはコツや気をつける事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja